中部の大学関連ニュース

日本学生氷上競技選手権 フィギュア 中京大・日野首位

 日本学生氷上競技選手権第3日は7日、北海道の苫小牧市ハイランドスポーツセンターなどで行われ、スピードスケート女子3000メートルは高木美帆(日体大)が大会記録を塗り替える4分13秒65で制した。男子5000メートルの土屋良輔(専大)も大会新の6分36秒65で優勝。同1000メートルは近藤太郎(専大)、女子1000メートルは山田梨央(信州大)が勝った。

 フィギュアスケートはショートプログラム(SP)が行われ、男子は3連覇を狙う日野龍樹(中京大)が81.38点で首位に立った。女子は大庭雅(中京大)が58・69点で1位。

 アイスホッケーは準々決勝が行われ、前回覇者の中大が慶大を4−1で下した。

 スピード女子の高木美は3000メートルの大会記録を大幅に塗り替えた。ゴール後は右手を突き上げて歓声に応え「しっかりと(応援してくれる人に)見せる滑りはできたんじゃないかな」とエースの自覚をにじませた。

 今季ワールドカップ(W杯)で表彰台に上がり、全日本選手権で初の総合優勝を果たすなど、培った地力を発揮した。久しぶりだという屋外での3000メートル。序盤は想定よりも速いペースで入ってしまったが「これまで積み重ねてきたもののおかげで崩れなかった」という。中盤以降もそれほどペースを落とすことはなく、同走選手を大きく引き離した。

 8日の1500メートルは4連覇が懸かる。日本女子の中軸に成長し、学生の大会で負けるわけにはいかない。「チームのためにも勝つことは絶対条件。それだけでなく次につながっていくレースにしたい」と気を引き締めた。

 フィギュア男子で3連覇を狙う日野はSPで2位に8.48点差をつけた。冒頭の4回転トーループをわずかな着氷の乱れにとどめ「チャレンジして、ある程度まとめることができた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 1月末に開幕するユニバーシアード冬季大会(カザフスタン)に向けて4回転の成功率アップが最大のテーマ。「質の高いジャンプをして、次に生かせるようにしたい」と8日のフリーへ気合を入れ直した。

(2017年1月8日 中日新聞朝刊24面より)

[2017.01.08]

一覧を見る