中部の大学関連ニュース

薬物依存の仕組み解説 三重ダルク市川さん 鈴鹿国際大で「教室」

学生に依存症のメカニズムを解説する市川さん=鈴鹿国際大で
学生に依存症のメカニズムを解説する市川さん=鈴鹿国際大で

 鈴鹿市の鈴鹿国際大で14日、学生が対象の薬物乱用防止教室が開かれた。

 約150人が参加。自身もパニック障害と薬物中毒に苦しんだ経験のある、NPO法人三重ダルクの市川岳仁さんが「依存症の理解と治療共同体の役割」と題し講演した。

 市川さんは、酒やギャンブル、薬物などの依存症に人間が陥るを仕組みを解説。「発達障害や虐待、精神疾患などにより自身の尊厳を失うと、自分の存在を認めてもらいたいという欲求から依存症に走る」と説明した。依存症になってしまってからの対処法として「やめられないことを恥じるのではなく、同じような経験をした仲間と出会うことが必要」と話した。(久野賢太郎)

(2011年7月15日 中日新聞朝刊亀山版より)

[2011.07.15]

一覧を見る