中部の大学関連ニュース

5学科256人卒業 新たな道へ一歩 大垣女子短大

卒業証書と学位記を受け取る学生(左)=大垣市の大垣女子短大で
卒業証書と学位記を受け取る学生(左)=大垣市の大垣女子短大で

 大垣市の大垣女子短大で10日、卒業式があり、5学科の256人が巣立った。

 デザイン美術と音楽総合の2学科は2年間、幼児教育、歯科衛生、看護の3学科は3年間の教育課程。それぞれ専門の知識を学び技術を習得してきた。

 各学科の代表が学位記を受け取った。答辞で歯科衛生学科3年の吉岡麻奈さん(21)が、実習や国家試験に向けた勉強などを振り返り「これから先にも悲しいことやつらいこと、悩むことがあるかもしれないが、経験を忘れず新しい道を切り開いていく」と語った。

 曽根孝仁学長は「背伸びをすることなく一歩一歩着実に成長を」と式辞を述べた。卒業生の9割は就職予定で、音楽関連や助産師を目指して進学する学生もいる。(服部桃)

(2019年3月12日 中日新聞朝刊西濃版より)


■関連大学はこちら
大垣女子短期大学

[2019.03.12]

一覧を見る