中部の大学関連ニュース

企業の担当者が愛工大で説明会

企業の人事担当者(左)の説明を聞く学生たち=名古屋市千種区の愛知工業大で
企業の人事担当者(左)の説明を聞く学生たち=名古屋市千種区の愛知工業大で

 就職活動が解禁された1日、名古屋市千種区の愛知工業大自由ケ丘キャンパスで、学生が企業の人事担当者から業務内容などを聞く「学内企業展」があった。

 経営学部3年生を中心にスーツ姿の80人が参加。地元の商社など35社の中から興味のある企業を選んで話を聞き、盛んにメモを取っていた。

 学生の間では働く環境に関心が集まっていて「転勤はどれぐらいのペースか」「みなし残業はあるのか」などの質問が相次いだ。また企業側も休日や育児休業の取りやすさを訴え、働きやすい環境であることをアピールしていた。

 経営学部3年松木美惠さん(22)はメーカーか商社を志望。解禁日を迎え「真剣に考えなきゃ、しっかりしなきゃという気持ちになります」と気を引き締めていた。同大は4、5、7日にも豊田市の八草キャンパスで計750社による説明会を開く。 (水越直哉)

(2019年3月2日 中日新聞朝刊県内版より)


■関連大学はこちら
愛知工業大学

[2019.03.02]

一覧を見る