中部の大学関連ニュース

福井大学生らがフォーラム準備 コンクリートテーマ

発表に向けて準備をする学生ら=石川県津幡町の石川高専で
発表に向けて準備をする学生ら=石川県津幡町の石川高専で

 コンクリート構造物の維持管理をテーマにしたフォーラムが富山市で開かれるのを前に、参加する北陸3県の大学、高専の学生20人が、石川県津幡町の石川高専で準備作業を進めた。

 学生たちは富山県立大や金沢大、金沢工業大、石川高専、福井大でコンクリートを専攻している。フォーラムでは「私たちが考えるコンクリート構造物の未来のすがた」と題し、技術や構造物、維持管理システムの未来について、他の学生らに尋ねたアンケート結果などを発表する。

 石川高専環境都市工学科の津田誠准教授は「違う大学の学生と作業することで互いのコミュニケーションの向上にもつながる。北陸の横のつながりを新年度も続けていきたい」と話した。 (島崎勝弘)

(2019年2月6日 日刊県民福井朝刊3面より)

■関連大学はこちら
金沢工業大学

[2019.02.06]

一覧を見る