中部の大学関連ニュース

全国大学ラグビー選手権大会 朝日大2回戦敗退

福岡工大に敗れ、肩を落とす朝日大フィフティーン=パロマ瑞穂ラグビー場で
福岡工大に敗れ、肩を落とす朝日大フィフティーン=パロマ瑞穂ラグビー場で

 第55回全国大学ラグビー選手権大会は1日、名古屋市のパロマ瑞穂ラグビー場で2回戦1試合を行い、東海・北陸・中国・四国代表として出場した朝日大は福岡工大に40−55で敗れた。

■受け身に回った

 何度も食らいついた。前半を1点ビハインドで終えた朝日大。後半も福岡工大とトライを奪い合う展開になったが、残り10分を切って差を15点に広げられ、力尽きた。CTB竹崎主将は「(昨年出場を逃した)福岡工大さんのこの1年に懸ける思いが伝わってきた。ウチよりハードワークしていた」と悔やんだ。

 試合開始直後に、立て続けに2トライ。幸先よいスタートかに思われたが、そこから受け身に回り、すぐ逆転を許した。「プラン通りだったが、ガス欠した。2トライで緩んでしまった」と吉川充監督(46)。スクラムで劣勢に回り、計8トライ、55点を奪われたのは想定外だった。

 昨年の大学選手権では2回戦を突破して、3回戦で流通経大に34−54と善戦。今年は3回戦突破と流通経大への雪辱を目標に掲げた。しかし、あと一歩のところで届かなかった。 (麻生和男)

(2018年12月2日 中日スポーツ8面より)

■関連大学はこちら
朝日大学

[2018.12.02]

一覧を見る