• 資料請求・願書請求
  • この大学のHP
あいちこうぎょう だいがく 私立大学 愛知
愛知工業大学

活躍の場を大きく広げる愛工大の卒業生たち

各専攻の就職担当教員とキャリアセンター職員との連携で、きめ細かな指導を実施

愛工大の最大の特徴ともいえるのが「就職の強さ」。
就職の難しさが叫ばれるなかでも、愛工大の卒業生はさまざまな業界で高く評価されています。

就職支援に関しては、入学時から職業観を鍛える機会を豊富に設け、進路のミスマッチをまくす徹底した指導が特徴です。

愛工大のキャリアデザインのステップ
【1年次】「開発」・・・目標を定め、4年間のスケジュールを立てる。
【2年次】「養成」・・・専門分野の学びを深めながら、可能性を広げていく。
【3年次】「準備」・・・理想の進路を再確認し、就職活動をスタート。
【4年次】「実現」・・・採用試験にチャレンジ。夢の実現に全力を尽くす。

キャリアセンターイメージ

企業との太いパイプを活かした数多くのイベントを開催

愛工大の母体である名古屋電気学園の後援会組織「愛名会」に加盟している企業が参加する学内企業展や、400社以上の採用担当者を招いたイベントを実施しています。

また各都市で地元企業交流会を開催するなど、Uターン就職の支援にも力を注いでいます。



2017年3月卒業生の就職率

『サンデー毎日』(2017年8月6日発行)に掲載された、全国240大学『実就職率』ランキングにおいて、本学が「卒業者数1000人以上の大学」実就職率で全国4位(私立大学では全国3位)となりました。
 また、『週刊東洋経済』臨時増刊号(2017年5月24日発行)で特集された「本当に強い大学2017」でも、過去3年間(2014〜2016年の卒業生)の累積実就職率ランキングで本学工学部が理工系学部で全国2位(私立大学では全国1位)になりました。

 工科系大学では、学びや研究を通して、計画性や実行能力、確認や検証、報告・相談など、円滑にプロジェクトを進めていくために必要なさまざまな経験をしている学生が多いことから、本学の学生も即戦力として企業に歓迎されているようです。

 本学の学生自身の努力はもちろんのこと、学生や卒業生に対する社会的評価のほか、教員の熱心な就職指導、愛名会などの後援組織、キャリアセンターの様々なサポートプログラムなど、総合的な就職支援体制により、全国的にも高い就職率を維持しています。


【実就職率】2017年3月卒業生  大学全体 97.1%
                     ・工学部 98.2%
                     ・経営学部 94.2%
                     ・情報科学部 95.4%
※実就職率(%)= 就職者数÷[卒業者数―大学院進学者数]×100
※『サンデー毎日』『週刊東洋経済』臨時増刊号ともに大学通信調べ